<   2014年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

つくり納めの「ゆべし」

もともとは「柚餅子」は保存食で柚子をくりぬいた中に味噌と餅種を詰めて蒸して作ります。
ここでは、混ぜて15分蒸すだけで、危険な美味しさで出来上がります。蒸し器がある人は、すぐに奥から出してきて!
市販の6個分はあろうかと思うこの分量、バレエレッスン前、お餅禁止令のお嬢達の胃袋にも収まりました。
先生!ごめんなさい。来年から気持ち新たに頑張ります。
a0302949_21524964.jpg
材料
白玉粉  100g
水    120g
黒糖   30g
きび糖  40g
味噌  小さじ1
醤油  小さじ1
クルミ 炒ったクルミ50g
柚子の皮1個分
きな粉  適量

作り方  
ボールに白玉粉を入れ、だまをつぶしながら水を加え混ぜる。
砂糖類、しょうゆ、みそを加え、まざったら、耐熱容器に入れて、
湯気の上がった蒸し器に入れる。≪10分蒸す≫
取り出したら、全体を混ぜ、クルミと柚子の皮のみじん切りを混ぜる
強火のままさらに5分蒸す。
きな粉を振ったバットに生地を取り出し冷ましてから、切り分ける。
(切り分けるときは、包丁を濡れぶきんで拭きながら切るとよい)

今年も、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。



[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-12-31 22:23 | おやつ

日本の聖なる日  大晦日

新しい年の神を迎える支度もすべて整いました。
しみじみと過ぎし年を懐かしみ、来年への心を期するころ、
百八つの鐘の音が・・・
という具合にはうまくいかずバタバタと準備中。

正月準備の果物仕事  金柑の白ワイン煮
a0302949_20211482.jpg

金柑1キロ
白ワイン800ml
水400ml
ビートグラニュー糖 500g
(ひとパック約300g位)

作り方
金柑を洗ってヘタを取る。
爪楊枝で数か所さす
白ワインを煮立たせアルコールを飛ばす
残りの材料を入れ、紙蓋をして15分位煮含める。

正月のお飾りやお節料理を用意しながら、昔から伝わる日本人の謙虚な
祈りを感じます。
だいだいは家が代々栄えるように、カズノコの子孫繁栄、黒豆は家族がマメであるように
どれもこれも、家族の無事や、繁栄、健康を祈る気持ちがあふれています。
省略してしまっても何の差し障りもないだけに、はしょることは、かえって怖いような気がするのです。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-12-30 20:57 | 日々のこと

素敵な営業ウーマン

今日は、中2の娘の友達が家に遊びに来てくれた。
バターが手に入らず、焼き菓子のおやつがない。
a0302949_1830171.jpg



これぞ、「THE・適当」残っていたクリームチーズと、バターがないので、出番がなかった
蒸し栗のペーストとチョコ、和三盆糖を適当に加えて、混ぜたものをクラッカーに添えて出した。
しばらくすると、リビングから

「なんじゃーこりゃー旨すぎるー!」と叫び声が聞こえてきた。
「栗より栗っぽい!」

台所で聞いていた私は、素敵なほめ言葉にメロメロ、
だって、「素材より素材っぽい」って053.gif
続けて、焼いていた安納芋の焼き芋もいそいそと運んだ。

そしたら、またまた彼女
「あー私、こうやって焼き芋をパカッって割って、湯気がほわーって
ずーっと憧れてたんです」
と美味しそうに食べてくれた。

生産者と、消費者をつなぐ営業ウーマンになったら、きっと彼女なら日本一になれると思った。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-12-16 18:41 | おやつ

「税」

a0302949_16321071.jpg

苺の売り上げが前年の3倍に増えたスーパーがあったそうだ。
種明かしはこの「苺サンタ」の作り方をやさしく図解した紙を置いたこと。

材料は3つ
いちご・生クリーム・チョコペン
ネットでも家庭で工夫を凝らした苺サンタ付ケーキの写真があふれている。
顔をバナナにしたり、マシュマロにしたり、クリームチーズをつかったり、
楽しんでいる。
鍋料理の上に大根おろしでくまや、パンダをつくるのも流行っているらしい。

増税とスマホ普及でますますこうした楽しみ方が広がっていくと思う。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-12-16 16:37 | 日々のこと

「時代」

 菅原文太さん、高倉健さんが亡くなった。

「入れ替わるんだ、時代って」という思いが強くなった。

 年号ではないけれど何か消えていくように感じた。

 ふいに、平安時代や鎌倉時代の人たちも
 ごく最近、すぐそこにいたような感覚になった。

 私のしずくほどの、「やる気」が一気に満杯になって「気合い」にかわる。

 どくんどくんと生きている。

 


 
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-12-05 09:46 | 日々のこと

メルバトースト

a0302949_20392088.jpg

夏も冬もよく作る、ラタトゥーユ

パーティーのとりあえずのお通しに。

基本形は、
メルバトーストに添える。
変化形
鶏かつにソース代わりに添えたり、ペンネとあえてサラダにしたり、

メルバトーストとは、トーストしたパンの表面ににんにくの切り口をすりつけて、
オリーブとスパイス塩(2014/3/11blog作り方)をかける。
赤パプリカの甘さが、引き立ちます。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-12-01 20:46 | おかず

バッグ1個持ち


現在通勤で愛用中のバッグ
a0302949_22333137.jpg

a0302949_22341949.jpg


中身。これに+弁当水筒も軽く受け入れてくれる。

このかばんのチャームポイントは
投げ入れ方式
よく見える、

ただし、「とりあえず入れておこう」「あったら便利」は要注意。

バッグと中身の関係は、住まいと家財の関係と似ている。
「ボート三人男」の小説の一説、
「ただ、必要なものだけを積み込んで、生活の舟を軽やかにしたまえ」034.gif
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-12-01 06:31 | 日々のこと


スウェーデンのペッパーカーカ


by おやつ作家

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

フルーツケーキ
at 2016-11-23 19:34
るすめし「トマトソース」
at 2016-11-21 10:24
器から入る食生活
at 2016-11-21 09:38
大人に読んでほしいオススメ絵本
at 2016-10-03 21:14
フィグニュートン
at 2016-10-02 05:35

最新のトラックバック

検索

フォロー中のブログ

画像一覧