<   2014年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

べっぴんさん

出てまいりました。
今年もべっぴんさんの新生姜!
つるつる色白、ほんのり紅をさしたべっぴんさん。
100g128円
少々お高めですが、
第1弾仕込みました。
a0302949_1821344.jpg


まずは、基本のジンジャーシロップ
材料
新生姜  175g
水     450g
きび糖  175g
檸檬   半分

作り方
新生姜をよく洗い、皮ごと2ミリの厚さにスライスする。≪繊維をたち切る≫
鍋に(アルミはさける)水、スライスした生姜、を入れて火にかける。
沸騰してきたら、アクをとりながら30分弱火で煮る。
きび糖を加え、さらに30分煮る。
レモン果汁を入れ、皮も加えて20分程煮る。

※ほんのり薄ピンクのシロップがよければ、きび糖ではなく、グラニュー糖を使う。
※パンチをきかせたければ、唐辛子、ブラックペッパーホール、レモングラスなどを加えても美味しい。
a0302949_18334694.jpg

[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-04-25 18:35 | おやつ

爽快

煎茶とホワイトチョコのケーキ
a0302949_842851.jpg


新緑がまぶしい。
毎年毎年、人も新しい葉っぱを茂らせているに違いない。
材料(170℃35分)
卵  2個
きび糖 90
米油  80
ヨーグルト  50
牛乳  50

地粉 120
煎茶  20
べーキングパウダー 3
ホワイトチョコ 20

作り方は、卵ときび糖で、ふわふわに泡立てたところに、米油、ヨーグルト、牛乳をよく乳化させた液体を混ぜ、最後に粉を数回に分けて入れます。
ほろ苦さは抹茶以上です。
米油なので、軽い仕上がりです。お試しあれ。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-04-25 08:20 | おやつ

日常を取り戻す

次から次へとやることがあり、やらなければならないことがあり、
そんな日常は、体力気力がそれをこなしていってくれるが、
悩み事は、体力、気力を一気にストップさせる。
頭の中がそのことで占拠され、消えてくれない。
頭をからっぽにする方法をあれやこれやと試してみる。

それが、本を読むことだったり、
友達とのおしゃべりだったり、
お酒を飲むことだったり、
カラオケだったり、

人それぞれだろうが、私の場合お菓子を作り、手を動かすこと、考えずに動かせる、体にしみ込んだ手仕事。
粉を計って、卵を割って、殻を重ねて、泡だて器でぐるぐる混ぜて・・・

何を食べたいか、ではなくて、頭をからっぽにするためにお菓子を作る。

キャラメルバナナケーキ
a0302949_2121022.jpg

結局、頭はからっぽにならなかった。
しばらく毎日悩みとお付き合いしなきゃならないようだ。
子供の悩みに寄り添うのは自分の悩みと向き合うより重たい。
 
きっと大丈夫。と祈るしかない。


材料(170℃で35分)
薄力粉   170g
ベーキングパウダー  小1
バター   110
きび砂糖  60
キャラメルクリーム  80
卵  2個
バナナ  150g(大1本)

キャラメルクリームはにこちゃんクッキーのキャラメルと同じ作り方
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-04-21 21:36 | おやつ

ピクニック

味見部長の遠足
a0302949_16193776.jpg
a0302949_16201074.jpg

さて、味見部長は、慣れない電車通学に加えて、人見知りが激しい。
救いは50人一クラス。大勢に紛れ込んで、気配をなるだけ、目立たないようにできること。

転校して馴染んだ中2の時、どうやって友達を作ったか?
帰宅しては「どーやって友達になったんだっけ?」
「俺、馴染めそうにない」と
後ろ向きな発言が繰り返される。

子供のころ、私もクラス替えがきらいだった。
せっかく馴染んだはずのクラスメイトと別れて、また友達探しを始めなければならないし、
クラスが離れた友達が、楽しそうに、早速クラスになじんでいるのを見るのも悲しい気分になる。

高学年にもなると、学級というのはたいてい、いくつかのグループに分かれていて、そのメンバーで行動する。
今から、振り返ると、そんな狭い世界が全世界と思い込むほど友達作りに緊張していた4月がおかしく思えてくる。

それでも、なんとか、部長の緊張が解きほぐせはしないだろうかと、遠足弁当に入れる、
しましまクッキーを焼いてみた。
私がおやつ作りを始めたころ、憧れた しましまクッキー、渦巻クッキー、

お弁当の上に置いたしましまクッキーは
気が付くと、置き去りにされていた。007.gif
帰宅した、からの弁当箱には、コンビニで買ったアイスの空箱が入っていた。
さては、友達とコンビニでも寄ったか?
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-04-19 16:46 | おやつ

瑠璃色の涙

主人公「凛花」が自分の身体を殺そうとするところから物語が始まります。
魂として体から抜け出して、過ごす日々を通して、
生きるということ、今、自分がここに居るという意味をみつけだしていきます。

主人公が通う居酒屋「コンチキ屋」が楽しい。
a0302949_2192012.jpg

[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-04-16 20:41 | おやつ

人参ブレッド

新人参の季節
a0302949_23432822.jpg


人参をすりおろすか、
千切りにするか、
ソテーするか、
蒸して荒めにつぶすか、
生のすりおろしを生地に混ぜ、上にトッピングのように甘酒と千切り人参のソテーをのせるか、

にんじんの切り方、調理の仕方をかえることで、まったく新しい配合で作ったかのような変化が楽しめる。
今回は、生の人参のすりおろしを汁ごと混ぜました。

ヨーグルトと米油で、しっとりと蒸しパンのような食感に焼きあがります。
カリッと焼いて、食べても美味しい。
 
材料
卵1個
きび糖   55g
塩少々
米油  50g

ヨーグルト  70g
ドライフルーツお好み55g
人参 小1本(120g)

地粉  140g
ベーキングソーダ 省1/3
好みでシナモン

ココナッツファイン10g
クルミ   20g

ボウルを湯煎で温めながら卵をほぐし、きび糖を混ぜる。
米油は少しずつ混ぜ、ヨーグルト、に漬けたドライフルーツと、人参のすりおろしを加える。
粉類を混ぜ、8割混ざったら、ココナツ、クルミを混ぜる。
170℃で35分焼く。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-04-11 06:49 | おやつ

ベイクドチーズケーキその2

混ぜて焼くだけ、生クリーム入り。
子供達は前回の美術館で食べたいチーズケーキより、
「軽めでしっとりしてのどにまとわりつかない。」からこちらが好き。
a0302949_855328.jpg


パウンド型(180℃20分160℃に下げて15分)
クリームチーズ 300g
バター30g
きび糖65g
卵2個
卵黄1個分
地粉15g
生クリーム100g
レモン汁小さじ2
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-04-10 08:10 | おやつ

卵白が余ったら

昨日のチーズケーキで卵白が余った。
いつもなら、味噌汁に入れるけれど、おやつに使用。

オートミールクッキーとほうじ茶クッキー
a0302949_8131356.jpg


オートミールクッキー170℃15分

バター  50
メープルシュガー  30
きび糖  20
卵白1個分
全粒粉50
オートミール60


ほうじ茶クッキー170℃10分

バター25
きび糖50
卵白 1個分
塩ひとつまみ
地粉60
生クリーム50
ほうじ茶 5

どちらも材料を書かれている順番に混ぜていく。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-04-09 08:22 | おやつ

ベイクドチーズケーキ

どれほど多くのチーズケーキのレシピがあるのだろう。
材料はそれほど変わらない。
カマンベールを加えたり、
ヨーグルトを加えたり、
サワークリームを加えたり、
生クリームや牛乳を加えたり、
乳製品の傑作。

今日のチーズケーキ、
美術館の中の喫茶室でいただくことをイメージして、
a0302949_10312537.jpg


材料(18センチ底の抜ける型)
クリームチーズ・・・375g
全卵…1個
卵黄・・・2個分
きび砂糖…90g
薄力粉・・・10g
バター・・・40g
ヨーグルト1パック一晩水切りしたもの…150g
バニラ・・・ひと鞘

クラッカーの台
グラハムクラッカー・・・100g
きび砂糖・・・15g
バター…60g
a0302949_1045921.jpg

全卵、卵黄、きび糖、薄力粉をミキサーで
泡立てる。すくうとゆっくり流れ落ちる程度まで。
クリームチーズ、ヨーグルトの水切り、柔らかいバターを滑らかになるまで混ぜ、卵の生地と混ぜる。
180℃のオーブンで蒸し焼きにする。(80分)
オーブンの中でそのまま冷ます。
型ごとラップをして、6時間冷蔵庫で冷やす。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-04-08 10:51 | おやつ

blue

マティスブルーのような

どんより曇り空にも、晴れた日の窓辺にもそれぞれ「blue」をみせてくれる。

「リトアニアの風に吹かれて」
ベアトリーチェ・ケレリエネさんの器。
a0302949_23225498.jpg

[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-04-06 23:23 | 日々のこと


スウェーデンのペッパーカーカ


by おやつ作家

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新の記事

フルーツケーキ
at 2016-11-23 19:34
るすめし「トマトソース」
at 2016-11-21 10:24
器から入る食生活
at 2016-11-21 09:38
大人に読んでほしいオススメ絵本
at 2016-10-03 21:14
フィグニュートン
at 2016-10-02 05:35

最新のトラックバック

検索

フォロー中のブログ

画像一覧