<   2014年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ふーーーーっ

ふーーーーーっ。
思い切り息を吐く。

こんな日の晩御飯の匂いを
彼は、どんな記憶にとどめておくのか・・・
彼は、いつになく丁寧に「ごちそうさま」と言った。

はちみつ檸檬のように、キューンとなる季節。

檸檬の旬は2月。
はちみつ檸檬けーき
a0302949_23261712.jpg

心も元気でないと、お菓子は作れない。
と思っていたけれど、
気持ちが沈んでいても、
はちみつ檸檬ケーキなら、ほんわりやさしい気持ちで作れることがわかった。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-02-28 23:32 | おやつ

飴ちゃん

実家の母は、大阪育ちの奈良在住関西人。
彼女は、いつもカバンに「飴ちゃん」を入れている。

大阪のおばちゃんは「飴ちゃん袋」を持っている。
私も持っています。(母から手作り飴ちゃん袋をもらいました)
私の袋には、のど飴位しか入っていませんが、
上級者おばちゃんの袋には、色とりどりの飴ちゃんが入っていて、
電車の中や、観劇の合間に出してきては全然知らない人にも、どうぞどうぞとすすめます。
家には「飴ちゃんかご」があって、あきらかに一人分とは思えない量を補充してお出かけします。
関西における「飴ちゃん」は行動文化です。

関西旅行の際、電車やバス停で鼻をずるずるさせてみましょう、
「飴ちゃん、どうぞ、花粉症によう効くんよ」と知らないおばちゃんに差し出されるかもしれません。

今日は、「生姜キャラメル」を作ってみました。
縦書きで「生姜きゃらめる」と和菓子風にお品書きしたいくらいの上品な味。
a0302949_18583512.jpg

材料には、生クリームではなく、練乳と米飴、和三盆糖、牛乳で練り上げる。
生姜は、新生姜ではなく、ひね生姜で熟女の味。といきましょう。
もう少し、硬く,かくっと仕上げたいので、配合、練り上げ、実験続行。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-02-27 18:00 | おやつ

外部本棚

あらゆる本は、外部本棚(地域図書館)に借りに行く。
a0302949_22352511.jpg

うちの本棚はこれ。(図書館から借りた本を置いておくところ)
自分が読んでいる本を飾っておく。
すると、子供たちが、ぺらぺら読んだり、何?と聞いて来たり、話題になったりする。
お菓子のレシピ本も家にはない。

収納のない家なので、食べ物も、本も、スーパーや、図書館が、外部収納と考え、ストックはしない。
読みたくなれば、再度借りればいい、
というのは、私の考えで、子供たちは、自分の机の上に、大量の漫画や本を購入し、コレクションしている。

下の娘だけ、全く読書をしない、もしかしたら、昨日ニュースになった「アンネフランク」を知らないかもしれない。

今日は、仕事行く時間を早めて、図書館に寄った。
アンネフランク関連の本は、すべて書棚から消えてスタッフの手元に保管されていた。

「わたしは、みんなの役にたつか、みんなに喜びを与えるひとになりたい、
      会ったことのない人に対しても。
  わたしはずっと、死んだあとまで生き続けたい」
  -アンネ・フランクの日記、1944年4月5日ー
収容所で、服がしらみだらけになったアンネは極寒の収容所で、服を脱いで薄い毛布1枚だけに
くるまっていた。そして3月、アンネは姉の死から数日後この世を去った。15歳だった。
収容所からアムステルダムに戻ったアンネの父、オットーはアンネの死の二年後、遺品の日記を出版した。

アンネは日記のとおり、今もなお、私たちの記憶の中に生き続けている。
アンネ13歳から書き始めた日記、同じ年頃の子の日記に末娘が興味を持ってくれた。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-02-26 23:20 | 日々のこと

常連調味料

新玉ねぎのオイル漬け。
スパイス塩。
a0302949_1445552.jpg


「油膜」の保存食。・・・保存するまでもなくすぐになくなります。
新玉ねぎをスライスして水にさらし、塩、白コショウ、酢を絡めて少し置き、水分をきってからオイル漬け。

例えば 冷奴。
     トマト。
     焼きナス。
     ぶつ切りタコとたたききゅうり。
     アボカドとシーチキン。
     蒸し鶏。

スパイス塩
     わたくし、マヨラーならぬ、クミラーなのです。
     こちらは、大好きなクミンが主役。普通のサラダもちょっとよそ行き風に格があがります。
     刺身にも、サラダにも、目玉焼きにも、ケチャップライスにも、切っただけのかぶにも、
     なんでも合います。
     作り方はクミン、アーモンドスライス、コリアンダー、白ごま、ゲラントの塩をオーフンで
     少し焼く。すりこぎで砕く。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-02-26 05:18 | おかず

幼稚園お別れ会用おやつ

a0302949_2212615.jpg

お母さま方のお別れ会のおやつ

家・ぽっぽ・にこちゃんクッキー
全部卵不使用。

家のクッキー型は銅板0.2ミリで手作り。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-02-25 08:07 | おやつ

フンコロガシ

「いつ引退するかは決めていない」
「一年一年全力で誠実に歩んでいった先にもしかしたら平昌(4年後冬季オリンピック)が
あるかもしれないし、また別のいい道が開けてくるかもしれない」
理想にたどり着いても、また、別の理想が生まれる。

フィギアスケート町田 樹さんのコメント。

やってみたいコトをやってみた。出来た‼
また、次のやってみたいコトがでてくる。
うーんとこしょ!転がして、転がして、ちょっとずつ転がして・・・・まっすぐじゃない前進。

立場や目標の大きさは違えどみんなフンコロガシ

ソチも終わった。
味見部長の受験も終わった。
みんなみんな 
かんぱーい068.gif
a0302949_21362191.jpg


次女の誕生日ケーキ
25センチの苺タルト
1パックでは、タルトの上を苺畑に出来なかった。

タルト台
バター100
粉   170
アーモンドパウダー 30
粉糖70
卵小 1個

アパレイユ
基本のアーモンドクリームに、
ドライ杏の白ワイン煮をみじん切りにしたもの、
先日頂いた、クロテッドクリームを加えた。

さらにカスタードをのせて、てんこ盛り盛り。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-02-24 21:48 | おやつ

物語を聞きに

西荻窪に、大好きな洋服屋があります。
京都出身のイケメンオーナーが
洋服のことを語りだすと、うっとりとながめながら、私じゃなく、洋服を。(あたりまえか)
作り手のこだわり、思い、技術、歴史、文化、その背景を語りだす。
それが面白くて、
洋服を買うならここ。

もちろん、好きなもの
      心地いいもの
      自分に似合うもの
必ずあるから洋服ならここ。
 
味見部長の卒業式が近づいている、来年は一番下が卒業式、再来年は、真ん中が卒業式、
ということは、3年連続卒業式と入学式を迎えるわけで・・・
言い訳はそんな程度にして、
スプリングコート「物語」聞きにいそいそと出かけました。

意に反して、私を釘付けにしたのはハンドメイドジュエリー(yasuhide Ono)
a0302949_1951031.jpg


皮膚呼吸の妨げになるようで、全くつけないのですが、
女性らしさを失わないお守りとして、身に着けてみます。
1か月後、変化はあらわれるでしょうか?

そして、この箱のレース。お菓子入れてもかわいい。参考にしよっ。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-02-20 19:15 | 日々のこと

upper norton jersey cream

ジャージー種の牛から作られた乳脂肪60%のクロテッドクリーム
珍しい、入手困難なクロテッドクリームを頂きました。
a0302949_2135138.jpg


手作りのバニラアイスのような滑らかさと色。
 
Cream tea(クリームティー)のお時間にしましてよ(口調も自然と貴族風)
a0302949_213981.jpg


今回の全粒粉スコーン、クロテッドを味わうため、かるーく菜種油で仕上げます。
仕込み5分焼き15分

材料 6個分 200℃で10分170℃で5分焼く
全粒粉  40g
地粉    90g 
塩 1グラム
きび砂糖 20g
ベーキングパウダー 小1

ヨーグルト 30g
牛乳  20g
菜種油40g
ふるった粉類の中に乳化させた水分と脂分を一気に加え、折りたたむように6回ほど混ぜる。
ポイント034.gif
①水分は冷蔵庫から出したての冷えたものを使い,生地の温度上昇を抑える。
②生地を作ったらすぐに焼く。バターと違って、生地が分離して食感が悪くなる。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-02-19 21:56 | おやつ

「何か」

a0302949_21384785.jpg

何か
知ってはいるのに、触ったり,観たり、重さを感じたり、形を探ったりしていないことは案外多い。

今日は、池谷明治さんに会った。
建築家の彼は、小さな台所を設計するにあたり、
私の抽象的なコトバもその場で瞬時に具体的に描いてくれる。
黒一色の極細
ペンで描かれるその線に惚れ込んでいる。
描くくときのノートの余白の取り方も、かっこいい。

私が陥りがちな、平面ばーん、真ん中どーん、見ての通り、これです。
というのが全くない。
いつでも3Dの空間が背景にある。

あー.
とにかく池谷先生の個展[insideout」のスケッチいただいちゃったものだから、
誰かに、そのスケッチを生でご覧いただきたい。

今日は、池谷ワールドの真似。
答え
a0302949_2225776.jpg

池谷ワールドには程遠いただのピンボケ。

池谷ワールド、本業の建築は池谷明治さんのホームページでご覧いただけます。
小さな台所もご覧いただけます。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-02-18 22:29 | 日々のこと

今週の色は「白」
新玉ねぎのスープ
a0302949_18535580.jpg

今月は家族全員体調を崩した。

食べ物を受け付けなくなり、腸を休める良い機会となった。

新玉ねぎ2個
昆布だし 500ml
好みで塩、オリーブオイル

昆布も、玉ねぎもストーブの上で煮て、昆布ごとミキサーにかける。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2014-02-17 19:02 | おかず


スウェーデンのペッパーカーカ


by おやつ作家

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

フルーツケーキ
at 2016-11-23 19:34
るすめし「トマトソース」
at 2016-11-21 10:24
器から入る食生活
at 2016-11-21 09:38
大人に読んでほしいオススメ絵本
at 2016-10-03 21:14
フィグニュートン
at 2016-10-02 05:35

最新のトラックバック

検索

フォロー中のブログ

画像一覧