<   2013年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ハニーチョ

ハニーチョ
はちみつと、チョコレートのケーキを焼きました。
隠し味にお醤油030.gif

甘みを引き立たせるために、塩やお醤油を使うことはほかのお菓子でもよくやる手法。

a0302949_1885123.jpg

チョコレートは以前ブログでも紹介しました。
MICHEL CLUIZEL社のマンガロ ノワール65%
a0302949_18133618.jpg


パウンド型2本分 170℃35分     以前長男がお世話になったピアノ教室「リンデ」
材料                      のクリスマス会のプレゼントに・・・
薄力粉100g
卵4個
アーモンド粉 100g
ココア 40g
ベーキングパウダー 小1/2
バター 200g
きび糖 120g
はちみつ40g
牛乳 大2
醤油小1/2
チョコチップ 120g
[PR]
by little-kitchen-tt | 2013-11-30 17:52 | おやつ

お母さんは飲み会

「お母さん今日は飲み会068.gifだから晩ごはん、自分たちで食べてね」
「えー、またカレー」
なんて、言わせません。

松本忠子さんの「ドライカレー」003.gif
冷蔵庫で1週間は持つので、ボリューム弁当にも使えます。
a0302949_2014455.jpg


どうしても、自己流になってしまう私。
このレシピだけは、自己流はご法度。

肉は牛。
ゴマはきちんと炒ること。
ソースはウスターソース。適当にとんかつソースにしたら、ダメ。

・玉ねぎ、にんじん、セロリを粗みじんに、にんにくをみじん切りにする。
・鍋にバターと菜種油を熱し、野菜類を入れてよく炒め、牛ひき肉を加え、カレー粉を加える。
・野菜ミックスジュース、ウスターソース、しょうゆ、レーズンを加えて少し煮、塩、すりごまを加え、
味がなじむまで煮る。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2013-11-26 20:15 | おかず

今年集めた植物で

a0302949_216079.jpg

買ったものや、拾った植物でリースを作りました。
月桃の香りがします。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2013-11-24 21:11 | 日々のこと

伝統の焼き菓子  レープクーエン

a0302949_180193.jpg
レープクーヘンは、はちみつと香辛料をきかせたライ麦入りの生地。
ドイツではクリスマスの時期になると、この生地で作った
ツリーのオーナメントや「魔女の家(へクセンハウス)」が菓子店に並びます。

でも、このレシピ、作るには勇気がいるんです。
はちみつをたっぷり使います。
これで美味しくなかったら、ただの飾りだったら・・・
蜂に申し訳ないような気がして・・・
以前、本場ドイツで食べたレープクーヘンは歯が立たないくらい、かたかった。

未だに本物のレープクーヘンを作ったことがありません。
本日も去年と同様、ライ麦入り、ジンジャークッキー。≪はちみつ入り≫
冬の季節、気に入って使うのが
a0302949_013073.jpg

三浦屋で購入するカナダのはちみつと、お薬代わりのニュージーランドのratいう花のはちみつ
(材料)
薄力粉 100g
ライ麦粉 50g
バター  50g
きび砂糖 30g
はちみつ 20g
塩 少々
溶き卵   20g
生姜の搾り汁 小さじ1
[PR]
by little-kitchen-tt | 2013-11-22 00:02 | おやつ

伝統焼き菓子 panettone

株主優待で頂いたパネトーネ
a0302949_22483081.jpg

中の説明書によると、
生地の発酵にはパネトーネ酵母(仔牛の小腸から採取される特殊なイースト)が必ず使用されなければなりません。生地を発酵させて生地を休ませて、これを何度も何度も繰り返します。そのため、家庭の味を大事にするイタリアの家庭でも、最近は購入することが多くなりました。
7月に焼き上げ、9月日本ヘ、コンテナで海を渡り、10月初めに日本に到着。
賞味期限は2014年1月半ば。
となっていました。

半年!しかもパッケージを見ると
真空パックでもなし、脱酸素剤もなし、ただビニールにねじねじはりがねで、とめてあるだけ。
シュトーレンのようにバターで被膜を作っていないし、ぱさぱさにならないのかしら?

あまり期待もせずひと口。
「うーわっ072.gif、なにこれ」
黄金色した生地はレーズンとオレンジと檸檬の香りが広がり、焼きたてのようにしっとりふわふわ
「恐るべし!仔牛の小腸から採取されるイースト」
恐らくこれのおかげで、驚異の保湿力を維持できるのでしょう。
私のお肌にもパネトーネ酵母を003.gif
[PR]
by little-kitchen-tt | 2013-11-20 23:42 | おやつ

クリスマスの舞台裏

ドイツのクリスマス菓子、シュトーレンを作りました。
a0302949_1742713.jpg

(中種)
地粉  100g
生イースト 20g
牛乳  100g
(本生地)
地粉 150g
バター 100g
きび砂糖   30g
卵黄  1個分
塩     3g
アーモンドスライス 50g
クルミ 40g
シナモン・カルダモン・ナツメグ・ジンジャー・クローブ・スターアニス 適量
自家製漬け込みフルーツ 300g
(フィリング)・・・自家製マジパン
アーモンドパウダー 40g
きび砂糖   40g
漬け込みフルーツのつけ汁 大1
(仕上げ用)
バター 60g
きび砂糖・粉砂糖 適量
a0302949_17554746.jpg

最初にバター、砂糖を撹拌し、卵を加えてバターをクリーム状にしてから、
パン種と地粉を加えます。
アーモンドを使うマンデルシュトレン、ポピーシードを使うモーンシュトレンなど、種類も様々。

今回こそ、少しずつスライスして、熟成する味の変化を楽しみたい!
がまん・がまん。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2013-11-18 17:59 | おやつ

自家製漬け込みフルーツ その後・・・

自家製漬け込みフルーツ8日目
a0302949_1644742.jpg

これ、クグロフ型1個分に入れるフルーツの量(240g)です。

焼いて、ブランデーを刷毛で塗って、ラップで包んで1週間程寝かせたほうがよいにきまってる!
でも、この香り、色、待てません!
待つこと3時間・・・
a0302949_16533260.jpg


食べた瞬間、このフルーツケーキだけを提供するお店屋さんになるわ!053.gif
くらいの、出来ばえだと思った私。

味見部長におやつとして出したんです。
「ごちそうさま」とだけ言って2階へ上がる味見部長にすがるように、
「どうなの?おいしいでしょ」
と聞くと、
「ふつう」と答えた031.gif
えーーーーーーーーーーーーー「フツウ」って

ブランデーと、ラム酒と、コアントローとモラセスとスパイスの調合がーーーーー。
信頼のおける、一番の試食部長に言われたら・・・
フツウなのかも。
音の葉ホームコンサートのおやつはどうしようかな
[PR]
by little-kitchen-tt | 2013-11-16 17:11 | おやつ

水栽培 ヒヤシンス

「小たまねぎ太郎」
3番目の子がお腹の中にいたとき、
上の子二人は幼稚園でヒヤシンスを育てていました。

 「小たまねぎ太郎」と名付けて
朝、みんなそれぞれ、「ヒヤシンスの小たまねぎ太郎」に「おはよう」
と声をかけるその風景は今の長男に見せたら、テレまくるでしょうね016.gif
a0302949_17334795.jpg

ちょうど、次女の誕生日、2月下旬に咲くんです。
それ以来,恒例行事、次女がこだわって育てています。

今年は1か月遅い開始です。
どうなるか、11歳の誕生日に咲いてくれるでしょうか?
[PR]
by little-kitchen-tt | 2013-11-13 17:41 | 日々のこと

自家製漬け込みフルーツ

冬の果物仕事
自家製漬け込みフルーツ  漬け込んで、5日目になります。
12月のフルーツパウンドや、クグロフ、シュトーレンなどクリスマスを
待つアドベントのおやつの材料となるドライフルーツ。
a0302949_17183620.jpg

材料
レーズン   1キロ
クランベリー 200g
プルーン   100g
ドライフィグ 1キロ
アプリコット  200g

ブランデー  1カップ
グランマニエ 1カップ
ラム酒    3カップ
モラセス   1/2カップ
シナモン   2本

右側の瓶はブラッドオレンジのミンチです。
酵素ジュースを作った時の漬け込んだフルーツをミンチにしました。
香りがとても良いので、あえて、洋酒には漬け込みません。

コツは、お湯で軽くゆでてから、お酒に漬けること。
特徴は、ドライフィグの量が多いこと。(プチプチが好き)
クリスマスを意識するなら、赤いドレンチェリーや、クランベリーを後から足してもよいかも。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2013-11-13 17:24 | 材料のこと

本当は内緒にしたかったけれど・・・琴線に触れるお店「marca]

a0302949_18555890.jpg
国立にある、ロルカという洋服屋さんで飾ってあるドライフラワーが
素敵で、ロルカの方に聞いたのがきっかけで、このお店を知りました。

「marca」古道具とドライフラワーのお店が、国立の北口にあります。

今日は、栗の古い板と、古い缶を組み合わせた彼女手作りの名のない道具を
いただいて帰りました。


今日も、全く違う目的で国立に出かけたのに、まずはここに、
モデルのような美貌の彼女は、聞き上手でついつい長居してしまいます。

お教室が終わった所にお邪魔したので、テーブルの上にはお正月のシンプルで上品なアレンジと、
生徒さんに、お茶を出されていた、益子焼のカップが並んでいて、
益子の陶器市の話題に、
益子の焼き物も彼女がセレクトすると、私の琴線に触れるんです。

益子で連れ帰った、あの面白い、苗を入れる入れ物は、どんなふうに飾られるのか?
あーーーー楽しみ。
「正しく古いものは永遠に新しい」byカール・ラーション
そんな言葉が浮かびます。
[PR]
by little-kitchen-tt | 2013-11-06 21:54 | 道具のこと


スウェーデンのペッパーカーカ


by おやつ作家

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

フルーツケーキ
at 2016-11-23 19:34
るすめし「トマトソース」
at 2016-11-21 10:24
器から入る食生活
at 2016-11-21 09:38
大人に読んでほしいオススメ絵本
at 2016-10-03 21:14
フィグニュートン
at 2016-10-02 05:35

最新のトラックバック

検索

フォロー中のブログ

画像一覧