奥薗流黒豆

a0302949_00262766.jpg
合理的な奥薗さんのレシピはどれを見ても、
回数を重ね、考え抜かれたやり方で、
ズボラ料理と親しみやすく言ってはいるけれど、
全くズボラとは違う。
何度も実験したであろう、裏付けがあるところが、すごい。

黒豆を煮るときは、奥薗流です。
シワにならず、艶もあり、豆の風味があり、
しっかりかみごたえもある。

奥薗さん曰く、
今の時代、良い状態の新豆が簡単に手に入り、
新豆は早く柔らかく、煮えるので、ビタミン類を
壊し、風味を損なう重曹は不要。
砂糖を入れてからは煮ない方が、豆の風味が残る。
鉄くぎは入れなくても、自然の黒さで充分。

この方法で煮るとお菓子の材料にも適するので、
パン生地やスコーンにも入れておやつにします。
a0302949_00425600.jpg

黒豆250gに水6c土鍋に入れて火にかける。
土鍋の蓋の穴から蒸気が出てきたら、火を弱め、5分経ったら火を止める。
そして、3時間そのままにしておく。
3時間経ったらもう一度火にかける。
豆が硬めでよければ20分。
柔らかくしたければ40分〜1時間煮て火を止める。
豆と同量の砂糖を入れる。


[PR]
by little-kitchen-tt | 2015-12-18 00:22


スウェーデンのペッパーカーカ


by おやつ作家

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

フルーツケーキ
at 2016-11-23 19:34
るすめし「トマトソース」
at 2016-11-21 10:24
器から入る食生活
at 2016-11-21 09:38
大人に読んでほしいオススメ絵本
at 2016-10-03 21:14
フィグニュートン
at 2016-10-02 05:35

最新のトラックバック

検索

フォロー中のブログ

画像一覧