シュトレン

a0302949_19003167.jpg
いろいろなお店のシュトレンをいただく。

12月25日から逆算して4週間前の日曜日から、クリスマスの準備を始めます。
シュトレンもそれにあわせて作られます。
その形は、乳飲み子のキリストをおくるみに包んだ姿とも言われているそうです。
古典焼き菓子や古典料理はどうして、この食べ方なのか、材料なのか、この季節なのか?
異文化のフィルターを通して、民族の賢さ、知恵そのものに到達出来てとても楽しい。
さて、それぞれのシュトレンはみな、料理人の想いが伝わってきて、食感も、味も、全く違いました。

特に個性的だったのは長野県にあるwaza wazaさんの薪釜のシュトレン。
礼拝堂でろうそくを灯して、水とライ麦の素っ気ない旨味をダイレクトにいただきたくなるような、背筋伸びるシュトレンでした。






[PR]
by little-kitchen-tt | 2015-11-29 18:58


スウェーデンのペッパーカーカ


by おやつ作家

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

フルーツケーキ
at 2016-11-23 19:34
るすめし「トマトソース」
at 2016-11-21 10:24
器から入る食生活
at 2016-11-21 09:38
大人に読んでほしいオススメ絵本
at 2016-10-03 21:14
フィグニュートン
at 2016-10-02 05:35

最新のトラックバック

検索

フォロー中のブログ

画像一覧