サンマの塩焼きに向き合う

「えー さーかーなー!」
今日の晩御飯が魚とわかると、急に機嫌が悪くなる子供達。

そうは言わせない為に、
今日は学生時代の料理学校の校長の教え通りに手順を省かない!
サンマに参拝するような気持ちで、台所に立つ。

①水洗い。
極力、手の温度が伝わらないよう、頭をつまみ、氷水であらう。
水拭きは完全に乾いてしまうのもダメ、塩を付着させるため、少ししっとりした状態にふく。
②尺塩
高さ30センチくらいの高さから、パラパラの焼き塩を振るのが、尺塩だが、家庭の台所では塩だらけになるので、左手の手のひらを上に向けてかざし、そこに向かって右手でふる。するとワンバウンドして、指のあいだからいい具合にパラパラふりかかる。
③焼き
グリルはあらかじめ熱しておき、サンマの尾っぽには油を塗ったアルミホイルを巻く。
両目焼きなら、13分ほどやく。
④大根おろし
おろし金の突起ひとつひとつを刃物だと思い、その刃で大根を切るイメージでおろしていく。
すると、不思議、押し付けることなく、力加減できて美味しい大根おろしになる。
a0302949_20385676.jpg
さて、テーブルにのったサンマを子供達も、私の気合いが伝わったのか、丁寧にほぐし、綺麗にたべた。
「魚もいいかも」
味見部長の最高の褒め言葉を聞けて、グリルを洗うのも苦になりません。

[PR]
by little-kitchen-tt | 2015-11-17 20:23


スウェーデンのペッパーカーカ


by おやつ作家

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

フルーツケーキ
at 2016-11-23 19:34
るすめし「トマトソース」
at 2016-11-21 10:24
器から入る食生活
at 2016-11-21 09:38
大人に読んでほしいオススメ絵本
at 2016-10-03 21:14
フィグニュートン
at 2016-10-02 05:35

最新のトラックバック

検索

フォロー中のブログ

画像一覧